未分類

副業の税金を計算するにあたって

投稿日:

副業を行うにあたって何よりも気になるのは税金がどれだけ発生するかと言うことです。もちろんのことながら本業に対して副業の規定、さらには侵してはならないルールなどをきちんと守ることを前提にすることは必要です

実際に、副業を行うにあたって次にステップアップで重要なのはどれだけの税金を払う必要があるかと言うことです。プロに頼る前に実際にインターネットなどで必要な要素を調べることができます。ここでそのポイントを上げていきたいと思います。

まずは、なんといっても通常の本業、会社員としての見込み収入がどの程度あるか、そして副業年の見込み年収がどの程度になるか、そして副業収入に対して経費がどの程度あるかと言うことが重要になります。副業収入に対する経費のパーセンテージによって税金が変わってきます。 

もちろんさらに重要なポイントとしては扶養している家族がいるかどうか、もちろん子供を始めとした親族も含みます。さらに医療費やふるさと納税等の控除額がどの程度あるかを入力することによってさらに細かい計算ができるようになってきます。 

副業の所得税については行っている副業によって所得の種類が変わってきます。
大きく副業の所得については発生で10種類に分類されてそこで税率が決まっているので適用される税率に基づいて税率を計算する必要があります。
もちろん確定申告を行えば追加で税金を支払う場合には源泉徴収をされていた分が還付を受けられると言うメリットがあるでしょう。 

副業に対する所得税の納付方法ですが、現金での納付は翌年の3月15日までが今日になっています。
しかしながらこのウィルスの影響で少し伸びていることもポイントになります。場合によってはe-Taxでの納付やクレジットカードで納付する方法もあります。
 
もちろんのことながら初心者の方々が副業でどれほどの税金を納める必要があるかなどを簡単に調べる事は難しいと思います。
冒頭に記載の通り副業収入でも10種類がありますので白色申告と青色申告の場合で税率も変わってきます。
基本的にはフリーソフトでも有料ソフトでも構わないのでまずはすべての条件を記入の上、計算して、シミュレーションをすることも大きなメリットになってくるでしょう。

いずれにしても、コンプライアンスに反するような状態で副業を行うことほど後々マイナスになる事はありませんので気をつけることをお勧めしたいと思います。 

-未分類

Copyright© 今から始めるネット副業|株式会社POINT(ポイント)が口コミで話題! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.